排水処理と濃厚廃液処理装置
印刷する

濃厚廃液の自社内処理によるコスト削減のご提案致します。

濃厚廃液処理装置実施例
外部委託処理、自社内処理
1.濃厚酸(化研液・塩化銅・硫酸銅)廃液処理装置

外部委託処理していた濃厚酸廃液(30~100㎥/月)を、自社内処理に変更。産業廃棄物コスト削減と汚泥に含まれる銅の売却(再資源化)メリットが生じた。

  • 化研・塩化銅廃液処理装置

  • 化研・硫酸銅廃液処理装置

  • 脱水汚泥(有価物)

2.濃厚アルカリ(現像・剥離・液レジ)廃液処理装置

外部委託処理していた濃厚アルカリ廃液(9~900㎥/月)を、自社内処理に変更。産業廃棄物コストの大幅削減を実現した。

  • 剥離廃液処理装置

  • 液レジ廃液処理装置

  • 現像廃液処理装置

3.その他濃厚廃液処理装置

エッチング廃液(塩化第二鉄液、塩化アルミ液)の再利用、及び貴金属精錬廃液などに含まれる有価物(金、銀、パラジウムなど)の回収装置として稼働中です。

  • 塩化第二鉄液ろ過装置

  • 金属含有濃厚酸廃液処理装置

  • 貴金属精錬廃液処理装置